アンカツ(安藤勝己)のツイートまとめ 2019年3月

この記事では、アンカツ(安藤勝己)氏のツイートで今後のレースの予想に役立ちそうな情報をまとめています。

膨大な数の過去ツイートを漁るのは大変な手間ですので、この記事をご活用頂けたら幸いです。

3/2 チューリップ賞(G3)

ダノンファンタジー 桜花賞に向けて順調。

ドナウデルタ ここ勝負で仕上げたが4着。

シェーングランツ あるとすればオークス

シゲルピンクダイヤ 本番もヒモ穴には警戒


3/2 オーシャンS(G3)

モズスーパーフレア 中山が合う。G1では多少の不安も。

ナックビーナス 堅実で次に繋がる。

ラブカンプー 悪い負け方。


3/3 弥生賞(G3)


メイショウテンゲン 噛み合えばどの馬でも走れるタイムでの勝利。

シュヴァルツリーゼ リズム重視がハマった。

ニシノデイジー 馬場相性ではなく進路が敗因。

ブレイキングドーン 道悪が下手では無い。このタイプは逃げた時が怖い。常に警戒しといたほうが良い。

カントルサトノラディウス 重い馬場が敗因。


3/9 中山牝馬S(G3)

フロンテアクイーン テン乗りで勝利。先行馬が揃っていたのも要因。

ウラヌスチャーム 先行馬が揃っていたのも要因。


3/10 金鯱賞(G2)


ダノンプレミアム 良馬場ならなお良し。1600-2000mがベスト

リスグラシューエアウィンザー 上々。

ペルシアンナイト 2000mの良馬場ならあるか。


3/10 フィリーズレビュー(G2)、アネモネS


フィリーズレビュー(G2)

ノーワンプールヴィル ここ目標に仕上げてきたので、桜花賞には繋がらないか。

アネモネS

ルガールカルムレッドアステル このメンバーでは抜けているが、次には繋がらないか。


3/16 ファルコンS(G3)

ハッピーアワー 勝因は距離の短縮。ハービンジャー産駒らしくなく、短距離の方が良い。

グルーヴィット 芝でもダートでも良い。出世していくと思われる。


3/16 フラワーC(G3)、若葉S(OP)

若葉S(OP)

ヴェロックス 自分のリズムで走れれば強烈。

ワールドプレミア 距離が伸びれば良さそう。本格化はもう少し先か。

フラワーC(G3)

コントラチェック 自分のリズムで走れれば強烈。

エールヴォア 現状クラシックメンバーには劣るが伸びしろありか。


3/17 阪神大賞典(G2)

シャケトラ 今回のメンバーでは能力が違ったが、ステイヤーではない。

ロードヴァンドール スタミナは相当なもの。


3/17 スプリングS(G2)

エメラルファイト 実績に対する人気が薄かった。石川騎手の好騎乗だった。

ファンタジスト 適正はマイルまで。

ディキシーナイト 前走負かしたルガールカルムを考えるとそれなりの馬。


3/23 毎日杯

ランスオブプラーナ 前残りの展開に恵まれた。こうなるとしぶとい。

ウーリリ 素質はある。

ヴァンドギャルド 今回はタメすぎか。乗り難しい印象。


3/23 日経賞

メイショウテッコン これぞ武豊の逃げという競馬。

エタリオウ 折り合いに苦戦したが、爆発力はある。


3/24 高松宮記念

ミスターメロディ 内枠からの上手い立ち回り。

ダノンスマッシュ 位置取りに脚を使ってしまった。

モズスーパーフレア 疲れがあったか。

レッツゴードンキ この展開だとここが精一杯か。


3/24 マーチS

サトノティターン 展開に恵まれた。

リーゼントロック 一番タフな競馬をした。


3/30 ダービー卿CT(G3)

フィアーノロマーノ ハイペースを楽に先行。直線でも再度加速。

プリモシーンマイスタイル 力はある。


3/30 ドバイターフ(G1)

アーモンドアイ 正攻法で完勝。


3/31 大阪杯(G1)

アルアイン すべてが噛み合った。

キセキ ゲートが残念。もうひとつふたつG1で勝てる馬。

ワグネリアン 馬体は良くなってきた。2000mまでというタイプになるかも。

マカヒキ 見どころある末脚。


スポンサーリンク
1




1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする